So-net無料ブログ作成
検索選択

橋本田鶴子がないインターネットはこんなにも寂しいと恋愛模様 [日記]

なんと現代で、遺伝子が優秀な若者がだんだん減っている。

そしてそのうえに若い男の精子量は減少しているというのである。

おかげで良いDNAを持つ年の離れた男性を女性は追い求める。

これが年の差婚が生まれるメカニズムだ。

たとえ結婚しようとしまいと、変わらず愛する事ができるのが本当の恋なのです。

いつの日か別れはくるかもしれないけど、そうであっても愛する。

その感情が相手への偽りのない愛であると言える。

本当の恋をしているときにはいつもならできる思慮分別というものがきかない事が多い。

と言う事では、落ち着いて考えがしっかりきくのであれば本当の恋なんかしてはいない状態だという表れなのである。

くしゃみや咳を両手で覆って、静かにしようとする人はコケティッシュなのだ。

そんなに周りの事を考え、行動できれば、周りの人に配慮が行き届くので、モテモテです。



射止めたい相手が病気にかかって弱気になっているときは特に本心からの言葉や心配しているんだと\xA1
いう感情を振り向いてもらえると電撃的に相手を射止める事ができると言う事を考えれば、絶好の機会である。

なんというかとどのつまり、天涯孤独な人間がさびしさを解消しようとする心であり、と言う事では愛が現実の社会の中で、いっそう幸福に過ごすための最もよい技である。

女性は外観についてのどうこうという言葉は求めてはいないのだ。

そういう事ではなく、少し見ただけではわからないような変化、考えているところをさりげなく絶賛されると女性はいい感情になるのが当然である。

明るく微笑む。

すると、相手を口説き落としたいという真実をスマートに知らせる事ができるのだ。

手に入れたい相手にもその感情を告げる事ができ、自分の事が気になるだろう。

女性のうち「いつもたった人りで人目を避けるように単独行動していると認識されている女性」は『孤独な人りの世界を誰であっても邪魔しないで』という不気味な無言のプレッシャーがあり、近づいてはいけない風に感じられる。



出会いがないという世の中の人々は、不活発にな\xA1
っているように思えます。

元々、我が裁量において出\xA1
会いの機宜を取り落としているケースがほとんどです。

ランドセルを背負っていた頃からずうっと共学ではなかった女子からは、「恋愛に敏感になりすぎて、18才〜22才くらいの間は、自分の周りにいるboysを早々に乙女の眼差しで見つめるようになってしまった…」などという経験談も話してもらいました。

言うまでもなく、LOVEがみんなにプレゼントしてくれる活動力の寛大さが影響しているのだが、1人の彼氏/彼女に恋愛感情を育ませるホルモンは、あろう事か最速で2年、最遅で5年でにじみ出てこなくなるという情報を入手しました。

恋愛の相談が事の始まりとなって距離が縮まって、知人の女子と引きあわせてくれる吉日が増幅したり、恋愛の相談がきっかけでその中の誰かの彼氏になったりする事もままあります。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0